目の疲れにさようなら

目の疲れとの追いかけっこ

グローバル社会の現代。パソコンを使っての作業が殆どの日本です。そんな日本人が悩まされているであろう眼精疲労、いわゆる目の疲れです。ここではそんな目の疲れを少しでも和らげるための方法、トレンドを紹介していきたいと思います。まず1つ目は目薬である。目が疲れた…と思ったら、まず皆さんは目薬を手に取るのではないでしょうか。そんな目薬ですが、現在はたくさんの種類の目薬が各社から発売されています。中にはブルーライト等による目の疲れを減少してくれるものもあります。(ブルーライトとはスマートフォンやパソコンに含まれる、目の疲れを増幅させてしまう光のことを言います。)目の疲れには、目の疲れに重きを置く目薬を選ぶことが大事でしょう。2つ目は温める方法です。忙しい人でも寝る前にできる方法として注目されています。やり方は至って簡単です。水で濡らしたタオルを電子レンジで温めて、蒸しタオルを作ります。それを目に当てるだけです。また、お風呂の時にシャワーを目の周りに優しく当てる方法もあります。休みたくても休めない、けれど目の疲れがひどい…。そんな方はぜひ参考にしていただければ幸いです。

現代社会につきもの

スマートフォンやタブレット機器なども当たり前と言っていいでしょう。目の疲れの原因といったら、このような電子機器ですが他にも原因はもちろんあります。今も昔も原因としてあげられるのは、食生活、睡眠不足をはじめとする不規則な生活、老眼、などでしょう。偏った食生活によりビタミン不足になり、目の疲れを引き起こす原因にもなります。不規則な生活で身体全体が疲れ、その結果目を疲れさせてしまうことがあります。また老眼ですが、老眼になると近くのものが見えにくくなります。その時に老眼専用の眼鏡をかけなかったりすると、目に負担をかけてしまい、目が疲れてしまうことがあります。日本は16世紀末に目薬の原型となったものが登場したといいます。その頃から、目の疲れが問題となっていたのです。